ペット整体

ペットの整体を行っています

更新日:

Pocket

 

動物の整体

”動物”には生まれ持つ自然治癒力があります。 病気やケガが自然に回復していくのは この力のおかげです。

これは人間も動物も生き物すべてに共通しています。

この自然治癒力が全身にくまなく流れていれば、多少の不調は睡眠をとれば翌朝には回復しているものです。

ですが 生活環境、食事内容、睡眠不足、ストレスなど様々の要因によってその流れが塞き止められてしまうと

身体は回復機能を失い、痛みやだるさ、病気、内臓の症状として節々に現れてきます。

 

正常な身体は

  • 背筋が伸びてしなやか
  • 筋肉の柔軟性がある
  • 体温が維持できる
  • よく眠れる
  • 快便
  • むくみが出ない

ことであって、身体に負担を感じにくいとされています。

血液・神経の通り道が確保してあり、それにより筋肉が柔軟で正常に働くので身体は不調を感じにくいのです。

 

不調が起きる身体は

背筋が丸まりしなりが無く、血液・神経の滞りができるから

  • 筋肉が固い
  • 体温が低い
  • 寝つきが悪い
  • 便秘・下痢
  • 身体がむくむ

などの症状が現れてきます。

これだけではなく、呼吸も浅くなるのでさらに循環は悪くなってしまいます。

 

これは深呼吸のイメージが伝わりやすいと思います

吸うときは…肩が上がり背筋を伸ばして胸を張る吐くときは…肩を落としてやや前傾姿勢という状態になると思います。

背筋を丸めて空気を吸おうとすると吸い込みづらくて苦しくはないでしょうか?

この背筋が伸びていない姿勢が呼吸が浅い状況を作ってしまいます

身体をゆがませ、血管・神経の通り道を無くし、呼吸による循環が上手くいかないので、痛みやだるさなど様々の症状を引き起こし病気のもとになります。

どこにも老廃物を吐き出せる環境が成り立たないのです。

ネコちゃんは猫背といわれるくらいですから特に背は丸まりやすいですが、そのカーブが強くしなりが無いのは”異常”を表しています

 

反対に呼吸が深いというのは

酸素をたくさん取り込み、全身の筋肉や骨、内臓などに栄養をしっかり送れる状態です。

血液によって酸素や栄養は運ばれ、その循環により老廃物をしっかり排出させる環境が整い、自然治癒力を十分に発揮できます。

そうして

  • 血液が末端まで行き届くので、冷えを感じず 体温維持ができる
  • 姿勢が正しいので 内臓を圧迫して機能低下させない
  • 血液が滞りなく流れるので 身体のむくみが出ない
  • 二酸化炭素を排出できるので 酸化しづらい(酸化=死です)

このような健康な状態となります。

 

 

家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんは不調を抱えていませんか?

上記で説明したように、循環がうまくいかず自然治癒力が発揮できない状態が続くと身体は耐えきれず、その不調のサインを示し始めます

  • 食欲不振
  • 水をたくさん飲む
  • 下痢・便秘・嘔吐
  • 体温低下
  • 良く鳴く
  • 陰にこもる

これは動物からのメッセージです

”何かいつもと違う” ”何か様子がおかしい”となんとなく感じても、しばらく様子を見よう…と流してしまいがちですが

その違和感は勘違いではない事が多いです

毎日を一緒に過ごしているからこそ、その変化を感じれるのです。

動物は野生であった名残から、不調があってもいつも通り振る舞い、元気にみせようとします。それをできないぐらい弱った様子を見せてからでは、その不調は大きく進行しているということになります。

気付いて対処してあげれるのは身近にいるあなたしかいません。

 

心の声に気付く

動物は生命力の強い生き物です。

ですが人間同様にココロもカラダも疲れてしまいます。

  • 添加物の多い食事
  • 狭い・掃除をしていない・大きい音がする 生活環境
  • かまってあげられない・相性の合わない動物、人がいる ストレス

動物からの要求はありませんでしたか?

粗相をしたり、いたずらしたり、よく鳴いたり…というのは何かの訴えかもしれません

ぜひ大切な家族の声なき声に耳を傾けてあげてください。

 

病気の元は隠れています

不調に気付いて病院に行き、検査を受けて病気を診断された…そうして獣医さんから薬を処方された方もいらっしゃいますよね

投薬は根気がいりますよね。でも ”飲ませればこの子が楽になる!”と頑張ってらっしゃると思います。

薬は症状を軽減してくれますが、残念ながら症状を起こす”元”を取り去るものではないかも知れません。

ご自身や知り合いの方を例に、

病院で薬を出されて飲んでも症状は落ち着くがまたぶり返す…ということは多くないでしょうか?

 

動物も同じです

もちろん緊急時に助けてくれるのは手元にある薬なので全く不要とは言いません

薬…薬…とならずバランスよくつき合うのが大切です。

 

また、血液検査は健康状態の指標となりますが

もし数値が改善されていてもデータに載らない不調はその場に隠れているもの。

データに現れるのは病気の根が太く大きくなってからです

身体にはこの時すでに大きな負担がかかっています

 

手前から処置してその根を絶やしましょう。

 

オステオパシー施術

当院の施術は、不調の元を独自の検査法により選別し解放してあげることにより、本来動物の持つ自然治癒力を発揮できる環境を整えることにあります。

血液やリンパの流れを正常化して筋肉や骨、内臓に栄養を送りその流れにより老廃物を回収・排泄する体内環境を作ります

やっぱり”長生き”は理想ですが健康でなければそれは動物も飼い主さんも辛く大変なものになってしまいますね

 

理想は予防医学です。

協力して大切な家族の健康を守りましょう

 

 

適応症

食欲不振 下痢・便秘 嘔吐 脱水 発熱

膀胱炎 頻尿 排尿障害 元気がない

ヘルニア全般 膝蓋骨脱臼 関節炎 捻挫 びっこ

斜頸 鼻炎 アレルギー 上部気道炎

気管支炎 咳 肺水腫 不整脈 子宮蓄膿症

甲状腺機能亢進・低下症 など

その他にも心配ごとがあればお聞かせください

 

”病院に行っても原因が分からない”

”症状が改善しない”

と不安を抱えている飼い主様にご利用いただいています。

お悩みでしたら当院がお力になれるはずです。

 

施術について

現在、毎週水曜日午前のみご対応可能

ご自宅に直接伺わせていただきます

※当院に車でいらしていただき、車内での施術も可能です。

出張エリア

仙台市内・仙台市近郊

※要相談

ご予約

お電話:022-796-9927


            

まずはお気軽にご相談ください。

 

AdSense Ads

メニュー




メニュー




-ペット整体

Copyright© 内臓美容整体~おあしす整体院~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。