セルフケア

立ち仕事からくる腰痛のセルフケア

更新日:

Pocket

立っていると痛い!腰痛の簡単セルフケア

立ち仕事など長時間の立ち姿勢で腰にお尻が痛むと作業に集中できませんよね。

そんな方は、なんと膝を伸ばすだけで腰がかるくなってしまいます!重い腰もあがるでしょう笑

もし肩こりで肩を揉まれたいという衝動に駆られているのであればこの簡単なケアを覚えてください。

なんで膝?と疑問に思うかもしれませんが、膝と腰は大きな関係をもっているのです。

  • 慢性的な腰痛
  • 腰を伸ばすのが大変
  • 立ち仕事で腰が重い
  • 腰をもんでもらいたい
  • 小さいころよく転んでいた
  • 仰向けに寝ると当たって痛い
  • 疲れると肩もこってくる

という症状をお持ちの方にピッタリな方法です。

腰痛のセルフケア方法

立ち仕事や、長時間立って移動すると腰が痛い方は、膝の柔軟性が落ちていることが問題になりやすいです。

もしあなたが
①足や膝の古いケガの治療がマッサージや電気だけだった
②転びやすかったが特にケアしていなかった
③もともと肩こりや腰痛があった
④むしろコリや痛みを感じていない

このような場合は腰椎の柔軟性が落ちていると想像できます。

膝を動かすのには腰から伸びる太い筋肉が大きく関わっています。腰椎が硬く柔軟性が無い・膝が硬い・足のケガがあった場合…筋肉の繋がりからお互いに強く影響しているために腰の痛みを感じやすいようです。

壁があるところを見つけてください

腰痛のセルフケア

①壁を目の前に立ってください。

②両足を肩幅に開いて、壁に向かって腕を伸ばし肩の高さで両手を壁につけます

③かかとが床から浮かないように気を付けながらできるだけ膝を曲げていきます

④膝を曲げている間、深く1分間呼吸をします

⑤ゆっくり膝を伸ばし腕も離して楽にしてください

この①~⑤の過程を1日1回5セット繰り返します

不思議と腰痛が軽くなってしまいます。

腰痛は日々の筋肉疲労で起こります。こまめなケアを続けることで慢性的な痛みから解放されます。

このエクササイズを行うことで、腰の重さがとれるほか、背筋が伸びて肩こり・首コリが軽減する場合があります。

揉んだり強いマッサージはコリがとれるようで気持ちがいいのですが、反対に張る感じがしませんか?

筋肉は基本伸ばされることを嫌がります。そのためかばうように縮まります。

痛い・張ると感じるのは筋肉が伸ばされているからなのです。

無理にもみほぐす方法ではなく、ゆっくり伸ばすこの膝のストレッチは身体を傷めない方法です。

また、このストレッチで解消されない痛みには病院や整骨院での専門的な処置が必要になるでしょう。
良い積み重ねをすれば腰痛から逃れた生活ができますよ。

メニュー




メニュー




-セルフケア

Copyright© 内臓美容整体~おあしす整体院~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。