セルフケア

五十肩の夜間痛を止める

更新日:

Pocket

五十肩の夜間痛を止める方法

仙台市青葉区上杉の「おあしす整体院」です。本日は寒い時期に辛い五十肩の夜間痛を止める方法をお伝えします。寝ているときに痛みを発症し夜中に目が覚めるというのが夜間痛です。

五十肩の症状は様々なのですが、夜間痛が特にひどそうです。夜寝れない、痛みで何度も目が覚める、という事を繰り返していると、睡眠によって痛みを回復させようとしているシステムが働かなくなってしまいます。

肩の動きに関してはまた別の機会に

夜間痛は冷やさなければ起きにくくなります

五十肩の夜間痛は冷やさなければ起きにくくなります。なので『湯たんぽ』を当てて寝てみて下さい。

別例として、布団乾燥機や電気毛布を使っても痛みが起きなかったという報告をいただいています。

これは血流不足が問題と考えるのが妥当かと思われます。血流不足の為方が正常範囲の体温を維持できない為に起こるものかと考察しています。

運動ができればいいのでしょうが、五十肩の症状があると運動で余計に痛める可能性が高くなります。まず自宅で痛みを止めてから次の段階へと進めてみて下さい。

AdSense Ads

メニュー




メニュー




-セルフケア

Copyright© 内臓美容整体~おあしす整体院~ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。