健康問題

腰痛について

更新日:

Pocket

原因不明の慢性腰痛は腰以外に原因あり!?

(概要)

腰痛は人間の宿命であると言われています。

4本の足で身体を支えている動物は、上体の重みが腰に集中することはありません。しかし、人間は進化の途上で2足歩行となったため、骨盤の上に重い上半身が乗って腰に大きな負担をかけることになっています。

更に座ることが長くなっている場合は、足の力を使わず上半身の筋肉のみで支えていることになるので負担がかかりやすくなります。

腰の痛みに耐えかねて、医療機関を受診しても画像検査に異常はなく、原因がわからないままで、痛みを抑える治療にとどまることが少なくありません。

腰痛を解消するためには、本当の原因を探ることが重要です。

慢性の腰痛の特徴

3ヶ月以上、腰の痛みに悩まされているのなら、それは慢性腰痛と考えられます。痛みの特徴としては、鈍く重い痛みのこともあれば、しびれを伴うものもあります。

強い痛みは数日で軽くなることが多いのですが、なにかのきっかけでまた痛みだし、強くなったり軽くなったりを繰り返します。朝起きると動きはじめに痛みますが、動いているうちに軽くなることが多いです。

痛みのきっかけとしては、日常生活での筋肉の疲労がたまり、急性期や慢性期の腰痛となります。急性腰痛になる方は慢性的に抜けない筋肉の疲労を腰に抱えているため、ちょっとした動作がきっかけになるのです。

急性腰痛は初期のころは安静にしていれば治ることがありますが、状態によっては急性期をきっかけに痛みが続くことがあります。例としてはコルセットを手放せない方や足を引きづって歩いている方、背筋が伸びない方です。

慢性腰痛は治療が必要です。また完治しにくいのも慢性腰痛の特徴のひとつです。

それは腰痛の原因がひとつではなく、いろんな要因が複合的、あるいは連鎖的に関係しているからです。よく、「手術をしたのに治らない」という悩みを聞きますが、手術では適応にならない筋肉的な問題があるからです。

例としては、

椎間板ヘルニアは腰痛とは因果関係が無いと言われていることが挙げられます。

また慢性腰痛の方は、痛みのために不自然な姿勢になってしまい、それが腰椎や骨盤に負担をかけ、ゆがみが生じ、さらに悪化する傾向もあります。

腰痛とのかかわりが深い脊椎の仕組み

腰痛はさまざまな原因で起こりますが、多くの場合は脊柱(背骨)、神経、筋肉の問題です。

まずはポイントとなる脊柱の仕組みをご説明いたします。

脊柱は24個の椎骨が連なってできており、上から順に頸椎(首)、胸椎と続き下から5個が腰椎です。腰椎は上体の重さや腰の動きによる衝撃が一番かかる場所です。

その下に仙骨と尾骨がついています。椎骨と椎骨の間には「椎間板」と「椎間関節」があります。

脊柱を上から見ると、脊柱管と呼ばれる空洞が下まで続いており、その中を脳へと続く脊髄という中枢神経が通っています。脊髄は胸椎まで続き、腰椎から下は馬尾と呼ばれる神経の束が通っています。

腰痛は脊柱の障害が原因で起こる症状のひとつです。

疑われる病気とは

老化は骨にも現れます。

加齢による椎骨や椎間板、靭帯などの異常により、脊柱の中を通っている神経が圧迫されて腰痛を発症することがあります。

最初に変形するのは椎間板で、水分が減り、弾力性が失われることにより、椎骨が受ける衝撃が増して骨が変形することがあります。とげ状の骨が生じる「骨棘」も老化現象のひとつです。

このような骨の変形による異常で起こる腰痛には、椎間板症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊椎側弯症、腰椎変形すべり症などがあります。

筋肉のこりが原因の腰痛

骨に異常がなく、そのほかにこれといって原因が見つからない場合、筋肉疲労によるこわばりが原因の腰痛もあります。筋肉は使いすぎたり、偏った使い方をしたりすると緊張して硬くなります。

背骨を動かす主な筋肉は、背筋、腹筋、腸腰筋などです。これらの筋肉が加齢、運動不足、などによって弱くなると、姿勢が悪くなります。その結果、骨盤のゆがみが生じ(腰痛がおこることがあります。)たり、腰に負担がかかったりすることで、腰痛が起こることがあります。

軽いうちにケアをして治すことができますが、放置しておいたり、悪い姿勢が固定してしまったりすると慢性化してしまいます。生活スタイルが関連していることが多い腰痛です。

重大な病気が潜んでいることもある

ほとんどの腰痛は命にかかわることはありません。しかし、まれに深刻な病気が原因で腰痛が起こることもあります。

腰の骨に細菌が感染して起こる感染性脊椎炎や、骨にできる腫瘍、内臓の病気、関節リュウマチなどです。

強い痛みが続いたり、熱が出たり、安静にしていても痛い、背骨全体が動かしにくいなどの症状が出ます。この場合は腰痛の改善に少し時間がかかるかもしれません。

早期の治療が必要となることもありますので、たかが腰痛と思わず、注意するようにしてください。

心因性腰痛と診断された場合

慢性の腰痛のうち、精神的なストレスや不安などが原因とされるものもあります。

大脳は痛みを抑制する働きがあり、ストレスが強いと、この働きが弱まると言われていますので、影響があります。この場合はストレスでダメージを受けた頭蓋骨の調整や、精神的なストレスの原因である人間関係を見つめ直す必要があるかもしれません。

このように心因的なものと言われた腰痛にもしっかり原因があるので、問題ありません。

できるだけ詳しい情報を伝える

以上のように腰痛の原因はさまざまです。しかし、原因ごとに適切な施術アプローチを行うことによって腰痛を解消することは可能です。

痛いところを揉んだり電気を受けたりしているだけでは一時的な改善はありますが、後で積み重なったものは必ず大きな痛みになって現れます。

具体的な症状や詳しい情報をお聞きしたうえで、診察、問診などを行い、原因を突き止めたうえで適切な治療を行う必要があります。

メニュー


メニュー


-健康問題

Copyright© 睡眠・美容おあしす整体院 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。